難しく考えないで!誰でも出来る壁面緑化!

壁面緑化の定義って?

壁面緑化とは、文字通り「構造物の壁面を植物などで緑化すること」を言います。ビルやマンションなどが建ち並ぶ都心部などでは余っている土地がなく、特に緑化スペースの確保が難しいですよね。「土地が無いならば構造物の壁を使おう」という発想から始まったのが壁面緑化です。

壁面緑化で得られるメリット。

メリットの一つに、植物の蒸散作用によって周囲の温度が下げられる、という点が挙げられます。さらに、植物が紫外線や太陽光線から構造物を守ってくれる働きもあります。これらの作用によって、特に夏季の建物の温度上昇が抑えられます。温度上昇が抑えられるとエアコン効率も良くなり、節電へとつながりますね。エアコンの排熱量が抑えられることで地球温暖化対策にも効果的です。また、構造物を落書きなどから守る働きもあります。

家庭でもできる簡単な壁面緑化。

「壁面緑化」というと何やら小難しいイメージが先行してしまいそうですが、シンプルに考えましょう。大雑把に言うと、壁に植物があれば良いのです。例えば、ハンギング用のプランターに植物を植えて壁に掛ければ、これも立派な壁面緑化ですよね。ツタ系の植物であれば、絡みつくことが出来るものがあればいろいろなものに絡みつき壁を覆ってくれるでしょう。壁に根を出してくっつく植物もいます。注意する点としては、主に水やりと害虫対策です。枯れてしまうと見栄えが悪くなりますし、害虫の大量発生などが起きた場合はご近所にも迷惑がかかります。ある程度しっかりとお手入れをする必要はありますが、ご家庭でも手軽に始められますよ。

壁面緑化は壁に植物をはわせたりすることをいいます。そうすることによって印象が変わるだけでなく、空気を綺麗にしたり、建物内を涼しくしたりする効果があります。