保管する場所の選び方も重要!機械式時計を大事に扱う方法

家電の近くには置かない事が重要

普段から機械式時計の手入れを欠かさないにも関わらず、すぐに時計の調子が悪くなってしまう時には、時計を保管している場所に注意をしてください。

特に注意をしなければいけないのは、磁気が発生するテレビやパソコンのディスプレイの近くや、携帯電話の近くに時計を保管しないという事です。

ずっと磁気を浴びている状態で機械式時計を放置していると、一部のパーツの動きに乱れが生じてしまい、すぐに時刻のズレが起こる事になりかねません。

もし磁気が原因で時刻のズレが起きてしまった際にも、完全に動作しなくなるというわけではなく、保管場所にさえ気を付ければ問題はないです。

しかし時刻のズレがいつまで経っても直らないようであれば、他の原因で時計が故障しているかもしれないと考えてください。

湿気のある場所に置かない

浴室など湿気の集まりやすい場所に機械式時計を持ち込んで、そこで汚れを落とす作業を行うのは危険なので止めてください。

時計の隙間から湿気が入り込んでしまい、リューズなどの動きが悪くなってしまう可能性がありますし、熱によってゼンマイが上手く噛み合わなくなる場合もあります。

手入れを行う際には高温多湿の場所は避けて、タオルの上などに時計を置いたまま、水などが入り込まない状態を作り出す事が重要です。

腕時計を装着したまま、サウナやプールなどに入るのも故障の原因になりかねませんから、時計の性能をまずは確認してみてください。

防水加工が施されているだけでなく、高温多湿の場所でも扱える時計であれば、プールなどで使える場合もあります。

パテックフィリップはコーディネートを引き締めてくれる効果があります。圧倒的な存在感があり、洗練された印象だからです。